日高建築工房

ブログ

グラスウールは・・・

2018.08.01

グラスウールの施工の基本

・四隅まで均等にぴったり入れる

・グラスウールの湿気が入らないように防湿層をしっかり入れる

基本的には、この2つがちゃんと施工できれば、断熱効果がちゃんと発揮できます

この広島でも、いろんな断熱材がありますが、ちゃんと施工すれば、費用対効果の一番高い断熱材です

『ちゃんと施工すれば』です

改装工事をすると良くお目にかかる光景

表裏のある商品は、親切にいちいち印字されています

 

でも、なかなか、その表裏でさえ、ちゃんと守って施工してある昭和の建物に出会うことは少ないです

ましてや、四隅までぴったり断熱材を入れているような物件は皆無です

というか、親切に袋に入ったグラスウール

今も普通に商品として売っていますが、四隅までぴったり入れようと思って、外の袋を引っ張って広げても、中のグラスウールは広がりません・・・

あくまで経験上・私見ですが、袋入りのグラスウールでちゃんと施工しようと思うと至難の業です

というか、私にはちゃんと施工できるイメージがわかない

なので、私がいつも使うのは袋に入ってない通称【裸のグラスウール】

このように袋に入っていないグラスウールをきっちり入れてそれから防湿層を後から作ります

手間は増えてしまいますが、断熱性能はちゃんと出ます

手間が増えれば、必然的に家造りにかかる費用も増えてくるのですが、何十年も使う家、長い目で見てお客様の”得”になる家造りを正直に行っていきます