日高建築工房

ブログ

便利な浴室乾燥機 実はヤバイ

2019.06.29

梅雨の好きな方、ごめんなさい

職業がら、そして外で身体を動かす事が好きな自分としては

”大嫌い”な梅雨が、この広島地区でも始まってしまいました・・・

 

そんな梅雨、問題になるのが洗濯物の【生乾き臭】

あの臭いが好きな方は少ないですよね

今は芳香剤入りの洗濯洗剤があり、昔ほどではありませんが、

それでも下手するとあのイヤな【生乾き臭】が・・・

皆さんどうされてます?

『晴れの日まで選択せずにひたすら待つ』なんて出来ないですよね(^_^;)

そんな中、ユニットバスにオプションで付けられる

【浴室暖房乾燥機】

を利用している方も多いはず

類にもれず、我が家も数年前に建てた家のお風呂にも取り付けてあります

『冬は寒けりゃ暖房も使えるし、風呂や洗濯物も乾燥できるし』みたいな・・・

だだ、結論から言うと、

”本物の高性能な家”

”本物の高気密高断熱の家”

に住んでいると、浴室暖房乾燥機は必要ありません

そもそも”冬でも寒くない”

そもそも換気計画をしっかりすれば、翌日には風呂はちゃんと”乾いている”

何より、気付いてないかもしれませんが、

浴室暖房乾燥機は

電気代がめちゃくちゃ高いです

知ってました?

ちょっと細かくひも解いてみると・・・

この浴室暖房機、消費電力は1980w(=1.98kw)

だいたい洗濯物を乾かすのに4~5時間タイマーを掛ける(情報元は奥さん)

中国電力の電気代おおよそ1kwh≒27円

ということで

1.98kw☓5h☓27円≒267円

『250円ちょっとか~。生乾き臭イヤだし、しょうがないか~』

っと思った方、ちょっと待った!

だいたい、育ち盛りの子供のいる家庭では、毎日洗濯しません???

毎日したら250円☓30日=7,500円

ひと月7,500円ですよ!

結構金額大きくないですか?

ほとんどの家庭が、電気代は銀行口座から直接引き落とし

しかも、WEBで電力会社に自分から直接アクセスしないと、自分の電気代が分からないようになっているので、家計簿をつけている家庭でないと、電気代がどれだけ掛かっているのかも判っていない人が多いのでは?

 

じゃぁ、【どうすればいいのか???】ということですが、

うちではこうしてます↓↓↓

【 除湿器プラス扇風機】

本当に、これで充分!

夜干せば、朝には乾いています

じゃぁ、”浴乾”と同じように、

これで電気代いくらかかるのかの?

 

除湿器の消費電力395w

扇風機の消費電力20w

除湿器と扇風機を合わせても

395w+20w=415w=0.415kw

0.415kw☓8h☓27円≒90円

90円☓30日=2,700円

7,500円と2,700円

ひと月の差額4,800円

ご家庭によっては、

 ・花粉

 ・黄砂

 ・梅雨

 ・夏の夕立 etc

特に、共働きの家庭は、外に洗濯物を干せない時期のほうが多いのではないでしょうか?

そうなると、少なくとも5~6ヶ月は部屋干し

4,800円☓6ヶ月=28,800円

年間3万円近く余計に電気代を払うことになってしまいます

少しの知恵と工夫で家計の支出は抑えられるのです

 

これから家造りをお考えの方は

住宅ローンも電気代などの光熱費も、住宅のメンテナンス費用もすべて

”同じ家計のお財布”の中から支払わなくてはいけません

支払先が違うだけ

”本物の高性能な家”は光熱費とメンテナンス費用を抑えることも考慮した家なのです

目先の建築費だけでなく、永い人生を考え、トータルで費用を抑え、快適に暮らす

そんな視点をもって家造りを進めると、ステキな家と巡り合えるかと思います

ステキな家造りを(^^♪