日高建築工房

ブログ

家ができるまで⑧ まだまだ外部工事

2020.01.07

安佐南区山本に建築中の”超”高性能な新築現場

先月12月の中頃に上棟して2週間ほど経ち、色々なものが取り付けられてきましたが、まだまだ仕事はあります

〈トリプルガラス〉をはめてしまうと、重くなりすぎるので、ガラスなしで搬入されていた樹脂サッシ

昨日、ガラス屋さんにはめていただきました

でも、結局は人力(手作業)で運び込んで取り付けていたので、最初から取り付けられていても一緒のような・・・?

でも、今回のように一人の大工さんで、コツコツやっている現場では助かります

ガラスが全部はまり、”スカスカ”の枠だけから、”超”高性能な〈オール樹脂・トリプルガラス〉に早変わり!

外の付加断熱もあらかた終わり、この段階で同時に気密処理も終わっています

気密処理は内側でするやり方も、外側でするやり方もあり、どちらでもしっかり施工すればしっかり気密は取れます

C値0.5㎠/㎡くらいは普通に

弊社は0.3㎠/㎡以下を最低基準にしています

『気密を取りすぎると息苦しくなる』とか

『1.0以下にするにはコストもかかるし、あまり意味がない』とかおっしゃる方もいます

性能は高い方が良いに決まっているのに、『このあたりで充分』とおしゃる方のほとんどは、実は『これくらいしか性能が出せない・担保できない』と言っているようなもの

ポイントを押さえて、丁寧に施工すればC値:0.3㎠/㎡以下はちゃんと出せるのです

気密のことは、また、気密検査をした時にでも詳しく書くとして・・・

この段階でだいたいこの家の断熱性能を表すUa値は0.5(W/㎡K)

国の省エネ基準が0.87以下

ZEH(ゼッチ)基準が0.6以下

なので、俗にいう”高断熱”な家には既になっています

でもまだまだ!

これから今度は内側から

壁には10センチ・屋根には21センチのセルロースファイバーを吹き込んでいきます

これでやっと”超”高断熱の家が完成

それまでにはもう少しかかります

超”高断熱の家は、そう簡単には出来ないのです(^_^;)

最終的にはこのお家、断熱性能・Ua値は0.29(W/㎡K)に成ります

日射取得(太陽の恵み)もしっかりできるように設計しているので

間違いなく、”チョ~”暖かい家

 

家の中では、そのセルロースファイバーの充填断熱をする前に、電気配線の準備

お施主さんにはコンセントや照明器具がどこに付くか?一応、見れば分かるように電気図面も渡していますが、なかなかイメージするのは難しい

実際私も、あれこれ考えながら図面は書くのですが、現場でお客さんに『ここにコンセントが付きます』とひとつひとつ説明するため、見印になる紙を貼り付けていく時に、『やっぱりこっちの方が良い』とどんどん変えていきます

なので、必ずお客さんいは半日ほど時間を取ってもらい現場ですべてのコンセント・スイッチ・照明の位置を確認してもらいます

せっかくの注文住宅

いろいろ納得して、便利に・快適に暮らしてもらいたいですから