日高建築工房

ブログ

家ができるまで⑨ レンジフードダクトの注意点

2020.01.28

今日はレンジフード・・・の排気ダクトの話

『また細かいこと・・・』という話

『また見えなくなるところ・・・』という話(^_^;)

でもでも、

”安全”とか

”快適”とか

”長持ち”とか

”メンテナンス費用を抑える”とか

皆さんがベーシックなところでご希望される事柄は、だいたい目に見えなくなる、細かなところの仕事

今までもブログで書いてきた【家ができるまで】シリーズも、出来上がると、だいたい見えなくなるし、細かなところ

かっこよく言うと『神は細部に宿る』とでも言っておきましょう\(^o^)/

 

っということで、今回は換気扇(レンジフード)の排気ダクトの話

現在、住宅の換気扇の排気ダクトに多く使われているモノって、たぶん【アルミ製のフレキシブルダクト】

写真左側の、銀色でキラキラしているモノ

 

そして、もう少し気の利いた工務店・ハウスメーカーならば【スチール製(亜鉛メッキ)のフレキシブルダクト】

写真右側の少しグレーのモノ

 

そして、ちゃんとした・バカ真面目な工務店が使用しているのが、【亜鉛鋼板のスパイラルダクト】

下の写真の硬い直管

 

中を見れば解るのですが、アルミ製もスチール製も内側が凸凹しています

一方、スパイラルダクトは内側の凸凹が少なくが平滑

どちらが良いと思います?

結論はなるべく凸凹が少ないスパイラルダクト

凸凹が多いということは、それだけ抵抗が多く、空気が流れにくくなり、結果的に油脂が付着してしまう

ダクトの中なんて基本的に自分じゃ掃除できないから空気の流れの抵抗が少ないスパイラルダクトを使うべき

 

また、防火(火事の対策)の観点から考えると

『排気ダクト等は、耐食性を有する鋼板またはこれと同等以上の耐食性および強度を有する不燃材料で造ること。 ただし、・・・』

というような消防法上のルールが実は換気扇のダクトには有るのです

ただ、「これは使ったらダメ」という明確なルールが無いので、なんとなくあやふやになって、一番安いアルミ製フレキシブルダクトが多く使われているのですが、『耐食性』の観点から見ると最低でもスチール製のダクトを選ぶ必要が有るかと思います

そしてもうひとつあやふやになっているのは

『排気ダクトと可燃物との距離は10センチ以上離すこと。

ただし、次の条件においては10センチ未満とすることができます。

・50ミリ以上の特定不燃材料で排気ダクトを被覆する。

・可燃性の部分を5ミリ以上の特定不燃材料で被覆し50ミリ以上離すこと。』

というルール

ダクトに特定不燃材料(金属板・モルタル・しっくい・石・12mm以上の石膏ボード・ロックウール・グラスウールなど)を巻かないのであれば、10センチ以上燃えるもの(天井下地や上階の梁など)から離さないといけない

もしくは5センチの不燃材を巻かないといけないのです

 

『できるだけ天井は高い方が良い』と要望に応えて、狭くなりがちな天井裏

換気扇のダクトの直径15センチ+不燃材5センチ厚を巻き付けると合計直径25センチ

なおかつフレキダクトであれば自由に曲がりますが、スパイラルダクトでは自由が利かない

曲げる時は、専用部材を使わないといけないので大変

なので、皆さん良いとは判っていても、スパイラルダクトは使わない

でもよく考えてみてください

今の家、換気扇のダクトの中の掃除したことありますか?

そもそもフニャフニャなフレキダクトにこびりついた油を取ろうとしても、穴が開いてしまうのでゴシゴシ出来ないし

ここに油が溜まり、万が一、火が引火したら・・・

ダクトの中が火事になっても天井裏に火が回らないように施す不燃材5センチ厚を巻き付ける作業、実は断熱性の向上にも役立つのです

だってダクトは直接、断熱材を施工した外壁を貫通して外部に出ています

つまりダクトの中は、レンジフードを使っていないときは、断熱材も何もない”外気”と同じ

なので不燃材であり断熱材でもあるロックウールを巻き付けていると暖かさのロスも少なくなり、防火にもなって一石二鳥

皆さん、やはり良い家造りには、見えないところが大切

『神は細部に宿る』ならず『快適や安全は見えないところに宿る』です